2007年7月。

管理人とその旅仲間達はまたしても東北に旅立つことになる。

行き先は山形県の銀山温泉。

その時の写真集です。

今回もタイ写真集と同様に外注しました。(要するに管理人が楽しただけ)

 

大まかな行程は以下の通りです。

<2007/07/14>

昼ごろ:千葉県市川市発ーー(関越道・北陸道経由)ーー19時ごろ:新潟市到着 新潟泊

<2007/07/15>

新潟発ーー笹川流れーー鶴岡市ーー羽黒山(五重塔)ーー最上峡ーー銀山温泉

<2007/07/16>

銀山温泉ーー(山形道・東北道・磐越道・常磐道)ーー柏市着

(都内で集合すると車が込むんで千葉県内での集合解散としました。)

 

今回はそんなに枚数多くないんで一つにまとめました。

東北リベンジ2写真集

 

以下この旅決行までの経緯です。

暇な方はどうぞ。↓


<旅の経緯>

発端はメンバーの1人が発した

「銀山温泉」

という提案。

 

当初は7月の連休を利用して

東京近郊の温泉でまったりして帰ってくる

という極めてゆる〜い企画になるはずだった。

 

ところが管理人とその旅仲間達は

これまでの反省もすっかり忘れて

いつもの

 

「せっかくだから」

 

という安易ながらも極めて危険な

思考回路をフル回転させてしまった。

 

せっかくだからいい宿

せっかくだから飯の旨い宿

せっかくだから有名な温泉地

せっかくだから遠くに

・・・

 

でその結果、山形県の銀山温泉に決定したわけである。

 

銀山温泉といえば全国的にも有名な大人気の温泉地。

出発前1ヶ月の時点で宿が取れるとは思えなかった。

それは皆も覚悟していた。半分冗談のような提案だったとも言えよう。

 

ところが・・・

 

宿が取れてしまったのである。

しかもかなり良いとこ。

絶妙のタイミングでキャンセルが入ってそこに滑り込むという奇跡。

 

もうこれで銀山温泉まで行くしかない。

ちなみにこの時点で管理人の頭の中には

銀山温泉の場所すら描けていなかった。

 

で地図を見てびっくり。

 

遠い・・・

 

もうほとんど秋田県に近い場所。

東京からは片道500km超は確実。

 

しかも今回の旅はこれまでと決定的に違う点がある。

それは参加者全員、社会人ということ。

つまりこれまでの旅のように時間の融通は利かないわけだ。

その上参加者の1人は関西からの参加。

16日の夕方には東京に帰れないと大変なことになる・・・

 

つまり・・・

15日に東京を出て、出羽三山を見て、銀山温泉に泊まって、しかも銀山温泉街とかも堪能して

ついでにさくらんぼとか食べたりして、16日の夕方に東京に帰ってくる。。。

ということをこなさなければならない。

 

・・・

 

無理

 

はっきり言って無謀だ。できっこない。

14日に出れば出来なくはないが、メンバーのうち1人は

そもそも14日に東京に用事があって関西から出てきてるんだし

14日は動けないなぁ・・・

 

と考えていたのだが以下のようなソリューションで解決。

14日:動ける人は車で新潟に先回りして1泊。

15日:朝1の上越新幹線で残りのメンバーが新潟入り。合流。

 

これまでの管理人たちの旅行記を読んでいただくと分かるのだが

これまでの管理人たちは学生だった。

そのため時間はどうにでも出来たのだが、お金が無かった。

それ故かなり無理のある旅を強いられてきた。

 

ところがいまや全員社会人。

時間は無いがはある。

 

これまで高速道路だの新幹線だのは我々の旅にとってタブーであった。

よっぽどのことが無い限り使用しない、いわば伝家の宝刀

これらの使用はある意味負けである、という縛りを課していたわけだ。

 

しかし今やこうした拘束からは完全に解き放たれた

 

前日に車で新潟入りだの、新幹線で合流だのといった

これまでの我々にとっての離れ業も使い放題なわけだ。

 

それ故に宿もかなり高い(と言っても1万5000円程度だけど)

 

そんなわけでちょっと無理はあるけど

行けなくはなさそう、ということで

はるばる山形まで行くことになったわけです。

 

ところが出発日にあわせるかのように

大型台風が日本列島を直撃

ついでに16日には新潟で大地震発生

しかしながらそれらを絶妙のタイミングでギリギリでかわしつつ

無事帰京できたわけです。いやぁ運がいい。。。

 

台風が1日早く来てると上越新幹線は止まってただろうし

そもそも東海道新幹線も止まるんで関西から東京には来れなかった。

 

で地震が1日早く起こってると

やはり上越新幹線はアウトだし、新潟県内の高速道路も使用不能。

津波注意報も出てたらしいので海沿いの国道も使えなかっただろう。

 

 

何はともあれ

銀山温泉は実に趣深いところでした。

なかなか予約取れないみたいですが

機会があれば是非行ってみて下さい。

 

 

 

それにしてもこれで東北のおもな見所は倒しつくしたなぁ。

次は白神山地に津軽半島、八幡平あたりだな。


旅トップページ

Copyright (c) 2007 Tohoku Revenge. All Rights Reserved