<お品書き>

シチュエーションごとにまとめてみました。

第一課:ファーストコンタクト編1〜会った時

第ニ課:ファーストコンタクト編2〜自己紹介とお別れ

第三課:ファーストコンタクト編3〜感謝したり謝ったり

第四課:ファーストコンタクト編4〜いろんな返事

第五課:空港にて

第六課:タクシーに乗る

第七課:買い物をする

第八課:食事をする

第九課:数字の表現

第十課:曜日や時間の表現

 

<はじめに+こんな方向け>

読者からの要望に応えて(+管理人の中国語備忘録的な意味も)作ってみました。

タイトルにもありますように「これでなんとかなる」程度のレベルです。

 

故に大した内容じゃないです。(ばっさり言ったなぁ・・・)多分間違いもあると思いますし・・・

それなりに中国語を勉強してる方、もっと中国語のスキルアップを目指したい方の

期待には全く持って応えられません。

 

中国語て何?ニーハオ、シェイシェイ以外知らん。

第二外国語でとったけど単位落としまくった。。。もう中国語なんて大嫌い!

なんか漢字書いとけば通じるんじゃね?

 

なレベルの人向けです。

 

読者からの要望にもありましたが

「トラベル○○語会話」的な本は買っても結局役に立たないんですよね。

それはどこが本当に不可欠で、どこがどうでもいいか、て線引きが難しいから。

あの手の本の内容でも最低限なのかもしれませんが

とは言えあれを全部身につけるのはかなりしんどい。

 

なら実際に中国を何度も旅してみた管理人が

そんなトラベル会話集の中でも超不可欠だったやつだけを厳選してみよう

というのがここのコンセプトです。

 

あの手の本と同じく、シチュエーション別にしてみました。

さあ、画面の前の貴方も最低限の中国語会話を身に着けてギリギリの旅を満喫しようぜ!

(マジでギリギリの内容なんで、トラベル会話集は必ず持って行きましょう・・・中国は本当に英語使えないから。)

 

<使い方>

すべてのフレーズが

@日本語

A中国語

Bそのピンイン

(発音記号みたいなやつです。声調は@、A、B、Cで表示しています。詳しくはここを参照。)

Cカタカナで発音

で構成されています。

 

なお中国語をかじったことがある方だとご存知だと思いますが

Cのカタカナ中国語をそのまま発音しても現地ではなかなか通じません。

あくまでも参考程度、ということで。


旅トップページ

Copyright (c) 2008-2009 Tohoku Revenge. All Rights Reserved