●上海写真集●

2005年3月に上海・蘇州に行ってきました。

その時の旅の写真集です。上海行き決定への経緯と詳しい行程はこちら

おおまかな行程は以下の通りです。

 

1日目:札幌→新千歳→(空路)→成田→(空路)→上海

2日目:上海市内観光(外灘・旧日本租界・浦東(明珠塔)・豫園・美食街等)

3日目:上海→(鉄道)→蘇州(拙政園・獅子林・運河・北寺塔等)→(高速バス)→上海

4日目:各自自由行動(管理人は長江へ)→夜は雑技鑑賞

5日目:帰国

 

今回はエリア別に分けました。

<上海>
外灘・旧日本租界・浦東(明珠塔)編 /
豫園編 / 上海市街編 / 長江編

<蘇州>
世界遺産編(拙政園・獅子林・北寺塔) / 運河編 / 蘇州市街編

 

写真集は2006/12/07に完成。

また2007/03/09に写真集の軽量化が完了しました。

 

 

<上海>

●外灘・旧日本租界・浦東(明珠塔)編 


外灘地区1

外灘地区の歴史的建築物1

外灘地区の歴史的建築物2

外灘地区の歴史的建築物3

外灘地区から見る浦東地区

上海のシンボル東方明珠塔

浦東地区から見る外灘1

浦東地区から見る外灘2

明珠塔と超高層ビル群

浦東地区の超高層ビル群

浦東地区の超高層ビル群

浦東地区の超高層ビル群2

明珠塔に接近

明珠塔入り口より

高さ468メートルらしい

明珠塔を遠くから

明珠塔からの眺め

浦東地区超高層ビル街

すさまじいスモッグ・・・

遠くは霞んで見えませんね

高所恐怖症の人は見ちゃ駄目

旧日本租界地区1

旧日本租界地区2

中国臭い画です

 

●豫園編(雨のため写りよくないです・・・申し訳ない)


豫園は通りが狭い

豫園のやりすぎな照明

土産物屋がいっぱい

まるで迷路

悪天候が残念・・・

夜行くほうがお奨め

ここの小龍包は絶品


 

●上海市街編


美食街入り口

香港を髣髴とさせる美食街

やっぱり香港ぽい

新旧が混在

まだまだ自転車も活躍

駅の自転車置き場の混雑

上海ではコンビニも普及

室外機が怖い・・・

もっと落ちてきそうなマンション

どっかの民族と遭遇

どっかの民族と超高層ビル群

これがチャイナスタイル

人民広場と超高層ビル街

人民広場付近

足場が竹製

超高層の足場も竹だ・・・

怪しい地下ケーブルカー

どこかで見た気がする番組

上海ネオン街

やりすぎなネオン

上海浦東国際空港1

上海浦東国際空港2

上海駅

上海駅前の町並み

上海駅南口

上海駅プラットホーム

蘇州行き列車

とにかく長い・・・

座車両

軟座車内の様子




 

●長江編


長江とフェリーターミナル

長江とフェリーターミナル2

川とは思えないほど広いです

フェリーのきっぷ売り場

 

 

 

<蘇州>

●蘇州市街編


蘇州到着(ぶれてるけど・・・)

物凄い数の観光客

蘇州では自転車タクシーも現役

でかい運河

うそ臭いほど蘇州ぽい画

道狭すぎ・・・

蘇州はとても中国臭い画になります

壁の向こうは世界遺産

蘇州は車も少ないです

夕焼けの蘇州市街

下町の市場

肉常温で生で売ってる・・・

バイク、ぽいけど実は自転車

夕方の交通ラッシュ

中国の環境汚染の実態


●世界遺産編(拙政園・獅子林・北寺塔)

(1)拙政園


拙政園入り口の門

中国式庭園

わざとらしいほどの中国風意匠

これは井戸

瓦がかなり分厚い

資料館

中国式行灯

壁の造形が驚きの細かさ

あちこちに池があります

中国の映画とかで見たような景色

なんで水こんなに茶色いの?

ヘビのように曲がりくねる通路

ステンドグラス風

期待通りの中国臭い景色です

中央にある建物

北寺塔を遠くに望む

(2)獅子林


奇岩だらけの獅子林

奇岩の正体は石灰岩質の太湖石

赴き深い休憩スペース

太湖石群が壮観

奇岩の中にも通路が

丸くくり貫いた通路が好きらしい

中国人観光客もいっぱい

中国でも盆栽発見

 

(3)北寺塔


北寺塔発見

北寺塔に向かう

北寺塔間近

営業時間終了・・・登れず

間近で撮影

正門と塔




 

●運河編


船チャーター成功

運河クルーズスタート

家が運河上に張り出してます

排水ホースが直だ・・・

洗濯にも大活躍の運河

運河沿いの日常

運河合流点

再開発の波

現地人がえらい見てる

あの船は?

ごみ収集船です

左は旧市街、右は再開発後

運河が急に狭くなった

と思ったらまた広く

運河クルージング終了


 

 


上海・蘇州旅行記トップページ(工事中)

旅トップページ

Copyright (c) 2006-2008 Tohoku Revenge. All Rights Reserved