◆2008年7月分

◆07/31 忙しすぎ

◆07/29 カジノの戦果

◆07/28 無事帰国(今月二回目)

◆07/24 アメリカ現地更新第三回★★

◆07/22 アメリカ現地更新第二回

◆07/20 アメリカ現地更新第一回

◆07/20 行ってきます(今月二度目)

◆07/19 北京旅行記第一日目公開

◆07/17 開設2周年

◆07/16 また出国準備

◆07/13 無事帰国★★

◆07/10 北京現地更新中止

◆07/09 北京現地更新第四回

◆07/07 北京現地更新第三回

◆07/06 北京現地更新第二回

◆07/03 北京現地更新第一回

◆07/01 行ってきます

履歴に戻る  トップに戻る


◆2008年7月分本日のネタ一覧

この月はほとんど日本にいなかったため、本日のネタもほぼ更新無しです。

本日のネタ

<2008/07/28>
「ねずみ年で五輪」北京・金融街に新キャラ…でも似てません?
これはアウトだろ・・・アメリカ黙って無いぞ。(YOMIURI ONLINE)

日本全市訪問紀行
これは凄すぎる・・・当サイトなど足元にも及ばぬ徹底振り。熱すぎます。

氷が安いのはなぜ?ドブ川の水を使っていた
ということは管理人が北京で食べまくってた異様に安かったアイスクリームも・・・(中国情報局)

グーグル、Wikipedia対抗のオンライン百科事典「Knol」を一般公開
Googleはオンラインサービスの何もかも独占してしまいたいかのような勢いですね。(CNET Japan)


<2008/07/16>
NHK、アナログ放送にロゴマーク--地デジ完全移行へ告知
これは地デジに移行してない人への嫌がらせにしか見えないなぁ・・・(CNET Japan)

野鳥が救急車のサイレン物まね 住民の安眠妨害
これは上手いこと利用すればちょっとした町興しになりそう。でも住んでる人にとってはいい迷惑ですね。(国際時事新聞)

お湯が速攻で沸くポットが実現しそう
これは欲しい。電気代も節約になるし時間の無い朝なんか重宝しそうです。

投石で城を破壊するゲーム
管理人は3面がどうしても突破出来ず・・・誰が頑張ってみて。


<2008/07/01>
牛乳パックコレクション
その数約1000種類。よくもまあこんなに集めたものです。

IPアドレスから端末の位置を高精度に特定できるサービス
これは凄い、んだけど個人情報保護とかの観点で色々と問題になりそうな予感がしますね。(ITPro)

落書き京産大生、停学2週間で消去作業へ
京産大よくやった、と言いたいです。このくらいの制裁やって当然。落書きスキャンダルはまだまだ出てきそうですね。(nikkansports.com)

北極の氷、今年の夏は消滅する可能性高いと 米研究者
北極の氷が溶けるのって2050年ごろ、て聞いてたはずだけど・・・それにしては低地が大規模水没、てニュースあまり聞かないですね。(CNN)

キューブをゴールに導くゲーム
ちょっと変則的な倉庫番、て感じです。この手のゲーム、管理人は地味にはまってしまいます。。。

 


 

◆07/31 忙しすぎ

 忙しすぎ。

 管理人@世田谷区 都内某所研究室です。

 

 もうね、毎度のことだけどね。

 忙しいのよ。

 

 毎年なんだけどお盆休み前に色々と

 片付けたいんだろうね、大学も、企業も、国も。。。

 

 でそういうしわ寄せは

 我々下っ端の研究者に寄ってくるわけ。

 そんなわけで東リベの更新が滞り気味なわけです。

 

 まあ、なんだ、今日の更新は・・・

 言い訳したかっただけだ。

 特に何もネタはないわけ。

 すいませんねぇ。。。

 

 ちなみに中国の旅第二日目は現在執筆中です。

 近日公開予定です。

 なおアメリカの旅は中国完成後に取り掛かるつもり。

 さすがに同時進行はムリですね。。。

 

 ついでに。。。

 韓国リベンジ実施が正式に決定しました。今年9月末です。

 今回は東京から飛行機で直行なんで

 前回のような波乱の旅にはならないと思いますが。

 それでも何か起こるのが管理人の絡む旅。

 今回もきっと管理人に取り付いてるであろう

 変な道祖神が大暴れしてくれることでしょうねぇ。。。

 

 てことでそろそろ仕事に戻ります。

 それでは。

 


◆07/29 カジノの戦果

 日本暑すぎ。

 管理人@世田谷区です。

 

 

 暑いね。日本。

 今回のアメリカの旅で管理人は

 シアトルとラスベガスに滞在しました。

 

 シアトルはというと、涼しい。というか曇ると寒い

 滞在3日目なんか寒くて寒くて・・・

 その上なぜか冷房効かすから余計に。。。

 

 一方ラスベガスは超暑い、んだけど湿度はほぼ0

 なにせ砂漠のまっただ中にある街だからね。

 そのため日本のようなジメジメ感は全くなし。

 気温は110F(≒43℃)とかなんだけど汗かかないわけ。

 それどころかカサカサで肌が荒れる。

 唇乾くし、鼻や喉がイガイガする感じ。

 

 そう考えるとある意味世界有数の

 過酷な環境に生きる日本人

 世界中どこに行っても生きていけそうですねぇ。

 実は日本人得してるのかな。(まあそれは無いか・・・)

 

 

 さて昨日の晩のことですが

 「で、結局管理人は勝ったの?現地更新止まってたし・・・」

 とのご指摘のメールを頂きました。

 

 そうですね・・・止まってましたね。

 というのも現地更新ではもうお馴染みの

 ホテルのネットの具合が悪くて・・・

 7月24日の更新以来、まともな更新が出来なかったわけです。

 それでも4つ星かよ 3つ星だったようです・・・(参考

 

 でだ。戦果の方だが。。。

 結論から言うと勝ちました

 こんな具合。

 

 ●第一回戦:7月23日夜@滞在ホテルのカジノ

 <投資金額>20USD(うち使ったのは約15USD

 

 

 <結果>46USD(46−15=31USD勝ち)

 

 

 ●第二回戦:7月24日夜@滞在ホテルのカジノ

 <投資金額>20USD(うち使ったのは約5USD

 <結果>55USD(55−5=50USD勝ち)

 

 

 ●第三回戦:7月25日昼と夜@いろんなとこのカジノ

 <投資金額>30USD(うち使ったのは30USD

 <結果>3USD(3−30=−27USD負け)

 

 ●第四回戦:7月26日朝@空港待合室のカジノ

 <投資金額>5USD(うち使ったのは約2USD

 <結果>26USD(26−2=24USD勝ち)

 

 

 ●第五回戦:同日朝@懲りずに空港のカジノ

 <投資金額>5USD(うち使ったのは25セント

 <結果>22USD(22−1=21USD勝ち)

 

 <総合成績>

 第一回戦:+31USD

 第二回戦:+50USD

 第三回戦:−27USD

 第四回戦:+24USD

 第五回戦:+21USD

 -----------------------

 結果:+99USD

 

 ということで大体1万円ほどはプラスにしました。

 とくに最後の空港待合室での奇跡には驚きでしたよ・・・

 ものの5分で5000円ほど稼いじゃったわけだし。

 ラスベガスでの諸々の滞在費(もちろんホテルは別だけど)

 この勝ち分で賄えました。

 

 とはいえ負ける時はあっという間ですね。

 これが賭け事の怖いところ。

 負け始めると負けた分だけでも

 取り返してやろう、とさらに投資する。

 あとはその繰り返しでズルズル負けてしまうわけですね。

 

 管理人のように小額を稼いで遊んでるうちに

 止めておくべきだと思いますよ。

 

 引き際も肝心。

 いっぱい稼ごうなんて欲を出すと自滅します。

 そう、管理人の第三回戦みたいに・・・

 実はこの日、スロットで5USDも投資しないうちに

 70USD近く稼いじゃったんですね。

 でもその後調子に乗ってると

 あっという間に無くなったわけ・・・

 

 

 ホント賭け事は怖いですね。

 なにせラスベガスの歩道橋はこうなってますから・・・

 

 

 自殺防止?

 

 

 それでは。

 


◆07/28 無事帰国(今月二回目)

 成田空港の「おかえりなさい」

 中国以上に輝いて見えるとは思わなかったよ・・・

 管理人@世田谷区です。

 

 ・・・

 

 

 アメリカ怖えぇよ。マジで。(ここまでまさかの07/13のコピペ・・・)

 

 

 なにあの国。

 観光するにはとてもいいよ。きれいだし。スケールでかいし。

 人間もいいよ。基本的に親切だし。

 英語が通じるのも実に生活しやすい。

 治安も想像以上に良かったよ。

 

 でもね・・・

 

 

 食べ物は酷い。

 

 高い金出しても大したもの食えない。

 安い金だとジャンクフードかお菓子みたいになる。

 なにせ中国に11日間いても何とも無かった管理人でも

 とうとうお腹壊したくらいだから。(1日で治ったけどね)

 

 学会で知り合ったアメリカ在住2年目の

 マラウィ人(マラウィてのはここ)曰く

 

 「アメリカの食事を美味しい、て思ってるのは

 生まれも育ちもアメリカ、な人だけ。

 私も仕事さえあれば直ぐにでも国に帰りたい。」

 

 アメリカに1年間留学してた私の友人が

 以前こんなことを言ってました。

 

 「アメリカ人の味覚は

 甘い辛いチーズ しかない。」

 

 ・・・

 

 大袈裟な表現じゃなかったね。

 なるほど、と思いましたよ。

 

 何はともあれ食べ物に期待は出来ない国ですね。

 とにかく手を加えれば加えるほどダメになる料理(言いすぎ)

 それがアメリカ料理です。

 

 ちなみにコーヒーはそれなりに美味いです。しかも安い。

 シアトルやデンバーでは2USDも出せば

 まあまあ美味いコーヒー飲めました。

 ラスベガスは・・・期待しないで下さい。。。

 

 

 あともう一つ痛感したこと。それは

 

 管理人の英語は発音が悪いらしい。

 

 通じなくは無いんだけど

 なかなか1回では聞き取ってくれない。

 

 これまでアジア各地の旅では問題なかったんです。

 それは多分お互いに発音が下手だから。

 下手な者同士の発音なんで聞き取れるし、聞き取ってもらえる。

 

 でもこれがアメリカだとそうもいかない。

 同様に聞き取るのも難しく

 特に学会で知り合ったイギリス人の英語はムリ

 あんなの聞けるわけ無い。。。

 

 そんなわけで更なる英語の鍛錬が必要だなぁ、

 と痛感した旅でもありました。

 英語力を試すにはやはり欧米への旅がおすすめですね。

 

 てことでこれでしばらく管理人も日本に落ち着けるんで

 8月〜9月は中国とアメリカの旅を

 ちまちまとアップしていく予定です。

 なお9月下旬にはまたしても韓国です。

 それで今年の海外への旅は一段落の予定です。

 (ちなみに今月末の九州への旅は中止になりました。)

 

 そんなわけで相互リンク更新しました。

 また今日のネタも更新復活です。

 

 ちなみに韓国の前にもう一発、旅をする予定です。

 それはまた詳細が決まり次第報告しますね。

 

 それでは。

 


◆07/24 アメリカ現地更新第三回

 管理人念願の・・・

 

 

 この地についに到達!

 

 管理人@世田谷区 ラスベガスです。

 

 いやぁ・・・行って良かったよ。グランドキャニオン

 ここに行かなければ今回の旅費は

 何万円も浮いてたと思います。

 しかもここまで行く余分の飛行機代や

 ラスベガス滞在費は当然自腹です。

 

 その上ここまで行くためには

 ラスベガスからバスで片道約5時間

 でもそんな苦労を忘れさせてくれるものがここにはありました。

 

 ということで今日はグランドキャニオンの写真をお楽しみ下さい。

 

 ◆アメリカぽい

 

 お金に余裕のある人は飛行機やヘリコプターで

 グランドキャニオンまで向います。

 移動手段に当たり前のように飛行機やヘリがあるとは

 いかにもアメリカな感じ。

 そんなわけで飛行機ツアーには日本人と欧米人の長い列が。。。

 

 一方管理人が乗り込むバスには

 ・バックパッカーな雰囲気の人

 ・アメリカ人

 ・インド、東南アジア系の人

 

 といった具合。日本人は私だけ。

 このアウェー感が旅してる、て雰囲気でたまりませんねぇ。

 (て感じれない人は無難なツアーを選びましょう。。。)

 

 

 ◆フーバーダム

 

 高校地理選択者ならこの名前聞いたことあるはずです。

 コロラド川に作られたアメリカを代表する巨大建造物です。

 こうして見てみると大して大きく見えませんが

 ダム湖を見るとその規模の大きさにびびります。

 何しろ地上からじゃ大きすぎて

 その規模が確認出来ないほどなんで。

 

 

 ◆このくらいでかい

 

 前日の飛行機内から撮影。

 もう大きすぎてわけ分かりませんね・・・

 まあ軽く琵琶湖くらいはあると思います。

 

 

 ◆景色が変わらない

 

 ラスベガスを出ると次の町までは

 延々とこんな砂漠地帯が続きます。

 30分走ろうが1時間走ろうがこの景色。

 本当に目的地に近づいてるのか不安になるほどです。

 

 

 ◆アメリカの仕打ち第一弾:朝食

 

 朝マックかよ。

 バスの運転手が「レストランに行く」

 言ってたから期待してたのに・・・

 

 だがこれでへこたれてるとアメリカではやっていけないぞ。

 この後さらに厳しい仕打ちを受けることになる・・・

 

 

 ◆いよいよ景色が変わらなくなった

 

 延々と続く地平線。外は灼熱地獄。

 アメリカ人はよくもまあこんなとこに

 ラスベガスみたいな都市を築こうと考えたものですね。

 

 

 ◆アメリカの仕打ち第二弾:昼食

 

 昼食はバイキング(バフェて言う)。

 なんだが・・・ラインナップがこんな具合。(とりあえず一通り取ってみた。)

 全てが重い。でかい。そしてあまり旨くない。

 

 でもさすがは肉ばっかり食ってる国(て偏見だと思うけど)

 肉はそれなりに美味しいです。

 パンの不味さはアメリカ南部でも健在な模様。

 

 だがこの後の夕食を見てしまうと

 これがご馳走に見えてしまうことになる・・・

 

 

 ◆グランドキャニオン写真4枚

 

 

 

 

 どこを撮っても確実に絵になりますね。

 そして写真でもその雄大さが伝わってきます。

 実物はというと・・・是非とも実際に行ってみて下さい

 管理人の拙い文才では表現出来ませんね・・・

 ここを訪れることなく一生を終える

 のは間違いなく勿体無い

 と言えるだけのものがここにはありますよ。

 

 

 ◆野生動物にも遭遇

 

 なにこの資料映像?てくらいなベストショット。

 このリス(なのか?)、グランドキャニオンでいっぱい見つけれます。

 しかも人に慣れてる奴もいるみたいで

 食べ物持ってると近寄ってくるのもいます。

 

 でも変な病気持ってるらしいんでご注意を。。。

 (狂犬病みたいなのらしい)

 

 

 ◆アメリカの仕打ち第三弾:夕食

 

 これでとどめだ!有色人種ども!

 

 

 ・・・

 

 おまえらもう病気だよ。。。

 

 なんでまたここで納得出来るんだ。

 まあ郷に入っては郷に従え、な管理人はアメリカ人に合わせて

 ハンバーガーを頂きましたが、正直そろそろ辛いのよ。

 白い米と味噌汁が恋しい。。。

 (米もあるけどジャンバラヤみたいなのしかない。そして不味い。)

 

 

 ◆ラスベガスの様子

 

 想像はしていましたが、想像以上に賑やかで派手な街です。

 ホテルの巨大さ、派手さはもはや狂気の沙汰。

 私が泊まっているホテルも部屋数約3000室という規模。

 

 チェックインをする時にホテルの地図をもらえます。

 その地図がまたでかくて余計に混乱しそうな勢い。

 その上、地図をもらっても初めてだと迷えます。

 

 まずエレベーター乗り場がたくさんあって

 どれに乗ればいいか分からない。

 

 無事自分の部屋があるフロアーに着いても

 今度は自分の部屋が見つからない。

 

 そして部屋に着いても今度は

 部屋から地上に出る間に迷う。

 

 しかも今日のツアーのバスガイド(兼運転手)曰く 

 もうすぐ部屋数1万室というホテルも出来るとか。

 全くこの街にはどれほどのお金が渦巻いているんだか・・・

 

 ということで・・・

 管理人ももちろんやってますよ。カジノ

 現地でもらったパンフレットには

 「ラスベガスでカジノに行かないのは

 ハワイに行って一度もビーチに行かないのと同義だ。」

 とのこと。そこまで言われちゃやらないといかんだろ。

 

 でカジノはどこにあるか?ということなんだけど

 そこら中にあります。

 というかカジノの上がホテルになってるんで

 私の部屋からも近くのエレベーターで1階に降りれば

 そこはもうカジノなわけ。

 

 ということで第一回戦果報告(7月23日分)

 財布ごともってくとついつい使っちゃいそうんで

 現金だけ持って下のカジノに向います。

 とりあえず始めてなんでちょびっとだけ。

 

 ラスベガス1日目:投資20ドル

 

 ゲーム:ブラックジャック

 

 カジノ内は撮影禁止ぽいので

 ゲーム中の写真は無しです・・・

 

 で・・・

 

 

 戦果:46ドル(26ドルの勝ち)

 

 勝っちゃったよ。

 これがビギナーズラックてやつかね。

 

 

 ・・・

 

 ところが翌日。

 こんなものじゃない勝ちっぷりに

 管理人は怖くなることになる。。。

 

 

 ということで次回は第二回戦果報告+ラスベガスの様子

 をお送りします。(て次回無いかもしれないけど・・・)

 

 それでは。

 


◆07/22 アメリカ現地更新第二回

 旨いもの食わせろよ。

 管理人@世田谷区 シアトルです。

 

 噂には聞いてたけど・・・

 旨いものが無いな。この国には・・・

 

 管理人はこれまでアジア各地を旅してきましたが

 お腹の具合が悪くなることはほとんどありませんでした。

 

 ところが衛生的には問題ないはずのここアメリカで

 なぜか腹の具合が悪い・・・

 というのもジャンクフード連投なせいだとおもう。

 

 これまでの旅先ではある意味ネタになりそうなんで

 わざわざその地の物にチャレンジしてきた

 という部分が少なからずあります。

 

 ところがこの国は違う。

 無理しなくても毎日毎食のように

 ジャンキーなものを山のように食わせてもらえる。

 多分そのせいだ。日本人は受け付けないんだよ・・・

 

 写真アップしたかったんですが

 ちょっとネットの環境が良くないんで(なぜか今日は遅い・・・)

 テキストだけになりますが、例えば昨日1日の食事は・・・

 

 朝:不味いパン トマトスープ コーヒー (自分で購入)

 昼:サンドイッチ ポテトチップス クッキー リンゴ1個 (学会が提供)

 夜:ドレッシングに溺れてるサラダ たわし大のサーモン

   山盛りのチャーハンぽい何か やはりたわし大のケーキ

   おまけにたわし大のアイスクリーム コーヒー (学会が提供)

 

 高い金出して参加してる学会側が

 本気で用意したものでもこれだよ・・・

 そりゃみんな太るよ。こんなんじゃ。

 

 と悪いことばっかり書きましたが街は実にきれいです。

 気候も涼しくて過ごしやすく(今日は最高気温14度)

 治安も非常に良い街です。

 

 またさすがはスターバックス発祥の地。コーヒーが旨い。

 街中いたるところにコーヒーショップが点在します。

 値段も安くて色んな種類のコーヒーを楽しめます。

 コーヒー好きの管理人にとっては最高の環境でした。

 

 

 とまあこんな具合でそれなりにシアトルを満喫。

 学会発表も上々の反応で来た甲斐がありました。

 

 さて明日からは第二ステージへ突入。

 アメリカを縦断しラスベガスへ。

 そして明後日、いよいよアメリカが誇る世界遺産

 グランドキャニオンに向います。

 お楽しみに。

 

 それでは。

 


◆07/20 アメリカ現地更新第一回

 いやぁ・・・本当にアメリカに来ちゃったんだなぁ。

 管理人@世田谷区 シアトルです。

 

 日本人にとって一番身近な外国、てどこでしょうか?

 私は多分アメリカじゃないかと思います。

 

 私の場合、自分の親が映画好きだったこともあってか

 小さい頃から親と一緒にいろんな洋画を見てきました。

 洋画というと、どうしてもアメリカ映画が多いですよね。

 そうなるとそんな映画の中に映し出される

 外国の景色=アメリカなわけですね。

 

 で、実際に来てみると・・・

 当たり前なんだけど本当に映画の中の世界そのもの

 超大規模な映画村といったところでしょうか。

 

 でもそのせいか、これまで行った数ある海外の中でも

 本当に遠くまで来ちゃったんだなぁ

 て感じが一番湧いています。

 まあフライト時間の長さと時差も影響してますけどね。

 

 そんなわけで今日は早速ですが何枚か写真を載せます。

 実はシアトルではほとんど観光する予定は無かったんだけど

 (明日の発表準備もあるしね・・・)

 ちょっとホテル側のミス+自分の不注意が重なって

 夕方までチェックイン出来ない、という状況に・・・

 仕方なく荷物をホテルに預けて

 夕方までシアトル観光と相成ったわけです。

 

 それではどうぞ。

 (HP更新してる時間あるなら明日の準備しろよ)

 

 

 ●アラスカ上空

 

 夕方発のアメリカ行きに夏場に乗ると

 面白い現象に遭遇できます。

 最短距離が高緯度地域経由+時間プラス方向への移動

 なのでいつまでたっても日没しません

 しかもシアトルには午前着。おまけに到着は出発日と同じ

 だから今日(20日)が長い長い・・・

 そのうえシアトルも高緯度なんで9時過ぎた今でも

 全く暗くなる気配なし・・・体おかしくなりそうです。

 

 

 ●機内食が・・・

 

 今回はスターアライアンスメンバーのひとつ

 ユナイテッド航空を利用しました。(マイル溜まるしね。)

 でこれがその機内食。

 

 これはいかがなものだろう・・・

 

 なんというか、、、酷いよね。

 野菜が全く見当たらないね。。。早くもアメリカン。

 そのくせコーヒーだけスタバだったりするし。

 

 と早くも食事に不安を抱きますが

 到着後もう一発強烈なのを食らわされます。

 それはのちほど。

 

 

 ●わざとらしいほどアメリカ

 

 ぽいよね。こんなのがそこら中に見られますよ。

 

 

 ●坂の街シアトル

 

 坂の街、というとサンフランシスコが有名ですが

 ここシアトルも相当なものです。

 乳母車や車椅子はどうするんだろう、と不安になるような傾斜。

 自動車もサイドブレーキ甘いと落っこちると思います。

 

 

 ●わざとらしいほどアメリカ2

 

 都心部のダウンタウンと超高層ビル群。

 これもアメリカ定番の景色です。

 シアトルにもしっかりとその定説が当てはまる模様。

 期待通りで管理人ご満悦です。

 

 

 ●日本のマンガはアメリカでも大人気

 

 マーケットの一角にあった本屋で発見。

 本棚の3分の1がマンガで占められていました。

 今や「マンガ」は世界共通語となりましたが

 アメリカでも相当な人気があるんでしょうね。

 

 

 ●スターバックス1号店

 

 この一見すると小ぢんまりしてて見逃してしまいそうな店。

 ここが全世界約2万店(だったけ?)の原点です。

 メニューも他の店、もちろん日本の店とも変わりません。

 でも1号店ということもあってか中は凄い混雑。

 

 あと面白いのはコーヒーカップが宙を舞います

 詳しくは帰国後に。

 

 

 ●わざとらしいほどアメリカ3

 

 ニューヨークっぽいよね。行ったことないけど。

 (ニューヨークにはこんなきつい坂ないよな。。。)

 

 

 ●アメリカの仕打ち第二弾

 

 !!!

 

 クラムチャウダーです。が・・・ありえないよ。。。

 店員がお勧めするし、安い(8USDくらい)んで注文するとこの様だ。

 

 でも地元のテレビや雑誌にも載ったらしいんで

 それはたいそう美味しいんだろう。

 

 ・・・

 

 クラムチャウダーはまあ許す。(決して値段に見合ってるとは言えない)

 でもパンは酷い。不味い。とにかく不味い。

 

 噂には聞いてたがアメリカの食事、本当に旨くないよ。

 まあまだ初日なんで今後に期待します。。。

 

 

 ●カオス

 

 落ち着け!!!

 

 

 そんなわけで第一回はこれで終了。

 明日は発表+夜まで学会なんでどこも行かないでしょう。

 またネタと時間が出来たら更新します。

 

 それでは。

 


◆07/20 行ってきます(今月二度目)

 いよいよ本日出発!

 管理人@世田谷区です。

 

 さて本日から1週間ほどアメリカに行ってきます。

 いよいよ管理人も欧米進出ですよ。

 行き先はシアトルです。

 

 なお今回の旅の主目的も国際学会参加と研究発表です。

 特にシアトル滞在期間中はほぼずっと学会なんで

 あんまり自由は利きませんね・・・

 

 とはいえ旅の後半は経由地ながらも

 2日ほどラスベガスに滞在します。

 またグランドキャニオンにも足を延ばしてきます。

 

 何はともあれまずは発表が無事終らないと

 落ち着けないですね・・・

 今回は初の欧米ということもあって

 私の拙い英語がどこまで通用するものか・・・

 

 まあ多分へこまされて帰国する羽目になりそうですが。

 でもそれも勉強の内。

 それをびびってたら成長出来ませんしね。

 意外と文法ぶっ壊れてても伝わるもんです。

 (なんて言ってるから上達しないんだよ・・・)

 

 

 なお今回も可能な限り現地更新します。

 また現地と日本との間には16時間もの時差があるため

 (シアトルはGMT-8+1(summer time)です。ここ便利。)

 更新日と日本の日付が合わない

 ということも起こりますがご了承を。

 

 とりあえず到着した日の夜にでも

 ちょびっと更新出来ればと考えています。

 日本時間だと21日になりますね。

 

 あと最後に。

 壁紙館更新しました。今回は夜の天安門です。

 夜の天安門も噂に違わぬ美しさでした。

 

 ということで21日以降にまたお会いしましょう。

 それでは。

 


◆07/19 北京旅行記第一日目公開

 また出発前日の荷造りだ。

 管理人@世田谷区です。

 

 予告どおり出発前に第一日目公開しました。

 まだ初日なんでそんなに飛ばしてませんけどね。

 まあこれ以降、毎日のようにエキセントリックなネタ

 我々をもてなしてくれるんでご安心を。

 いつものノリになってきますんで。。。

 

 そんなわけで今日の日記はちょっと手抜きですが

 そろそろ荷造り+論文執筆に戻ります。

 もうね、マジ時間ないわけよ。

 あぁ・・・論文間に合わないなぁ。

 よし!こうなったら昔書いたのをコピペし

 

 それでは。

 


◆07/17 開設2周年

 今日更新しないわけにはいかんよね。

 管理人@世田谷区です。

 

 

 というのも・・・

 今日「東北リベンジ」が開設から2周年を迎えました。

 多忙さゆえ管理人自身が

 その事実を忘れかけていたのですが

 

 

 「もうすぐ2周年ですね!」

 

 

 との読者様からのメールで気がつきました。

 

 ・・・

 

 正直ね、管理人は嬉しいよ。

 こんなメールもらえるなんて。

 今まで続けててホント良かったよ。

 

 アクセス数は相変わらずの横這い。

 (というか本当にピークな時期から比べればやや減ってる・・・)

 でもこうして当サイトを見に来てくれる方がいるうちは

 まだまだ続けていかないといけないですよね。

 (そんなわけで宣伝よろしく)

 

 

 何のプランもなく勢いだけに任せてスタートを切った当サイト。

 開設当初は今日のネタとこの日記、そして東北の旅。

 たったそれだけしかコンテンツは無かった。

 

 それが今やこんなに賑やかになった。

 旅行記も写真集もあんなに増えた。

 

 そして当サイトの成長に合わせて

 管理人が到達した世界も拡がった。

 来週にはいよいよアメリカ上陸だ。

 3周年の日にはヨーロッパか?アフリカか?南米か?

 管理人自身、今から楽しみです。

 

 

 なにはともあれ。。。

 今後もこんなゆる〜いペースでやっていくと思います。

 基本的には管理人が死なない限り維持します。

 そんなわけで今後も当サイトをよろしくお願いします。

 

 

 最後に・・・

 壁紙館に新作投下しました。

 中国のシンボル天安門の写真です。

 朝焼けをバックに見る天安門の美しさは一見の価値アリですよ。

 北京ご訪問の際には是非。

 

 それでは。

 


◆07/16 また出国準備

 4日後にまた出発です。

 管理人@世田谷区です。

 

 いやぁ・・・生まれてこの方

 こんなに旅続きな時期無かったよ。

 

 

 7月2日〜12日は中国

 

 

 そして20日から27日はアメリカ

 

 

 さらに(まだ確定ではないが)31日から2日に九州

 

 

 旅行記作成が旅のペースに

 全く追いつかない状況になりつつありますね・・・

 

 

 そんなわけで今週も忙しいんですが

 とりあえず中国の旅のトップページだけ作りました。

 旅のページからも入れます。

 

 今回の旅行記は滞在日毎、時系列にする予定です。

 アメリカに行く前に1日目だけでも作りたいなぁ。

 また明日くらいに壁紙館に中国の写真を投下する予定です。

 

 まあ・・・現在のところ。。。

 ・帰国後の企業との打ち合わせ準備

 ・某大学の研究補助

 ・論文2本

 

 と・・・

 もはや一睡もしなくても

 出発までには間に合いそうにないという

 エキセントリックな状況になっていますので

 あまり期待はしないで下さいね。。。

 

 

 なおアメリカからの現地更新は

 可能な限り行ないます。お楽しみに。

 

 それでは。

 


◆07/13 無事帰国

 成田空港の「おかえりなさい」

 今回ほど輝いて見えたことは無かったよ・・・

 管理人@世田谷区です。

 

 ・・・

 

 

 中国怖えぇよ。マジで。

 

 

 前回更新で

 「わけあって現地更新は無理」との旨

 お伝えしたかと思います。

 

 北京の回線状態が想像以上に悪かった

 というのも一つの理由なのですが

 それ以上に大変な状態になっていました。

 

 ・・・

 

 それは第四回更新(07/09)の直後のことであった。

 それまで遅いながらも利用できていたインターネットから

 突如完全に遮断されてしまったのだ。

 会議場の無線、有線はもちろんのこと

 ホテルの無線、有線も全てアウト。

 

 さらに気になったのは・・・

 

 ほかの人はみんなネットにつながる

 

 てこと。

 

 それはすなわち私のパソコンだけ遮断されてる、てことだ。

 おそらくパソコンのIPだかMacアドレスだかを

 利用されて締め出しを食らってるんだろう。

 

 じゃあ・・・

 

 

 なんで私は遮断されたんだ?

 

 

 ・・・

 

 ということを信頼の置ける中国人に相談したところ・・・

 

 

 「あまり大きな声では言えませんが・・・

 中国のインターネットは政府が監視してます。

 で、これはあくまでもウワサですが・・・

 

 政府に都合の悪いパソコンは遮断する

 そうですよ。

 

 反政府的なサイト見たり、大容量データ送信したりしませんでした?」

 

 

 

 心当たりありまくりだ・・・

 

 反政府的:当サイトのことだ。遮断されてた実績あるし。

 大容量データ:ロンドンに15MBほど。
          あと
東リベの更新もやってた。

 

 

 さらにその中国人は

 それまでとは明らかに違う

 鋭い表情になりこう付け加えた。。。

 

 「あなたが何をやっていたかは敢えて問いませんが

 が起こってからでは私も助けてあげられません。

 まぁ大丈夫だとは思いますけどね。」

 

 

 ・・・

 

 というわけです。

 

 幸いにも翌日には規制は解除されたので

 更新中止との旨を10日の更新でお伝えして

 その後は静かにしてたわけです。

 まあ10日の更新も危ないかなぁ、とは思いましたが

 画像はほとんどありませんでしたし

 当局のフィルターには引っ掛からなかった模様で一安心。

 

 

 全く本当にこんな国であと26日後に

 オリンピ

 

 

 次回は今回の旅のページが出来ると思います。

 とはいえ来週末までに論文を2本ほど書きつつ

 アメリカ渡航の準備も進めないといけないので

 遅れ遅れになるとは思います。。。

 

 それでは。

 


◆07/10 北京現地更新中止

 

 管理人@世田谷区北京市です。

 

 毎日更新を楽しみにして下さってる

 皆さんごめんなさい。

 ちょっと訳あって北京からの現地更新は

 これ以上更新出来そうありません。

 

 

 理由は・・・察してください。。。

 ちょっといろいろとまずそうなんで。

 

 

 次回更新は帰国後(12日以降)となります。

 帰国後にこんなことになった事情についても

 お伝えできるかと思います。

 だってこんなこと中国国内から書いてると再教

 

 とにかくこれ以上の更新はちょっとあれなんで

 また帰国後お会いしましょう。

 

 なお12日以降数日待っても更新が無い場合

 当サイトは終了だと思います。

 理由は管理人が公

 

 それでは。

 


◆07/09 北京現地更新第四回

 そろそろ中華料理にも飽きてきたよ・・・

 管理人@世田谷区北京市です。

 

 ホントこの国は・・・凄いね

 なんてったって何食っても大体美味い。

 ほぼ外れなし

 

 でもそんな中華料理、最大の欠点は・・・

 

 

 飽きる。

 

 とりわけ北京料理は脂っこいから余計に飽きる。。。

 でも北京在住の人曰く

 

 「慣れる」

 

 とのこと。

 なんでも慣れてくると体が順応して

 こんなに脂っこいのに太らなくなるとか。

 確かに中国の街歩いてみて太った人余り見ないな。

 やっぱり中華料理は奥が深いですね。

 

 

 さて今日は皆さんお待ちかね(なのか?)あれ

 いよいよ登場です。ではどうぞ。

 

 

 ●「あれ」とはこれのこと

 

 北京に行ってここに行かないわけにはいかないでしょう。

 といっても管理人は以前にも来た事あるので

 万里の長城はこれで2回目。

 でも前に行ったところとは違ったので楽しめました。

 (万里の長城、といっても色んな場所があります。)

 

 

 ●こんなに山深い場所にある

 

 北京市内、といえど北京市街からはバスで2時間。

 ちなみに北京市は四国と同じくらいの大きさです。

 そんなわけでこんな秘境めいた場所も北京市なんですね。

 

 

 ●オリンピックに間に合わせろ

 

 五輪前ということで、観光地ではそこら中で工事中。

 万里の長城も例外ではありません。

 でもこの様子だとあと1ヶ月では

 とても間に合いそうに無い・・・大丈夫かなぁ。。。

 

 

 ●登城開始

 

 ご覧のとおり、すさまじい傾斜です。

 登山ならぬ、登城を思う存分堪能出来ます。

 万里の長城をご訪問の際には

 履き慣れたスニーカーを忘れずに。

 あと体調悪い時は止めること。マジで怪我します。

 

 

 ●てっぺんはまだまだ先

 

 先ほどの上のほうに見える城まで登りました・・・が。。。

 まだまだ延々と続いています。

 ちなみに歩いてアプローチ可能な地点は中央左の山頂まで。

 ゴールはまだまだ先ですね・・・

 

 

 ●無理してでも登っとけ

 

 なんという現実離れした光景。

 この光景を眺めるにはかなり頑張って登らないといけません。

 でもそれだけする価値がここにはあります。

 

 また中国人曰く「君らはかなり運が良い」とのこと。

 というのもこんなに綺麗に晴れることは珍しいらしい。

 確かにこの前後の日は曇りや雨だったし。

 北京に長期滞在出来る方は、天気の良い日を狙って

 訪問するといいでしょう。

 

 

 ●お土産物屋さんは今も変わらず

 

 以前行ったときと変わらないラインナップ。

 店員のアグレッシブさも健在。

 変わった点といえば、値段が高くなってることと

 昔ほど派手な値切り方が出来ないことですね。

 

 

 ●こんなに急坂

 

 これに比べれば金比羅山の石段は

 車椅子用のスロープみたいなもんですね。(言いすぎ)

 安全対策とかどうなってんだろう・・・

 というか毎年何人負傷者が出てるのか気になるところです。

 

 

 ●てっぺんまで行くと凄い

 

 

 これぞイメージどおりの万里の長城。

 ガイドマップなんかに載ってるアングルですね。

 こんな立派なものを延々6000kmも作らせるとは

 その時々の皇帝の力の絶大さがうかがえます。

 

 

 ●ここにもやっぱりありました・・・

 

 先日イタリアの大聖堂に落書きした、ということで

 何人かの学生や先生が処分されたニュースがありましたが

 ここ万里の長城も例外ではありません

 

 そのほとんどが中国語ですが・・・

 それに混じって

 英語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、タイ語などなど・・・

 随分とインターナショナルなことになってます。

 

 

 ということで・・・

 

 東リベを見てるよい子のみんなは

 絶対にこんなことはしないこと!

 管理人との約束だよ!

 

 じゃないと公安がやって来て新疆やチベ

 

 

 次回は北京市内の世界遺産が登場します。

 お楽しみに。

 

 それでは。

 


◆07/07 北京現地更新第三回

 北京超暑すぎ。

 管理人@世田谷区北京市です。

 

 出発前に「もう暑いですよ」

 北京大学の人から聞いてましたが

 暑いなんてもんじゃない。

 

 酷暑

 

 昨日なんて35℃は確実に越えてる勢い。

 そのくせ朝晩は冷えるんでタチが悪いです・・・

 

 ちなみに北京の大気と食事にはもう慣れました

 人間の順応性て凄いもんですねぇ。。。

 

 でも一緒に日本から行ってる日本人はやられっぱなし・・・

 合わない人にはとことん駄目な国ですね。

 こんな具合ではとても無事にオリンピッ

 

 それでは今日は北京に数多くある

 世界遺産の一つ「頤和園(いわえん)」の様子をお楽しみ下さい。

 

 

 ●頤和園入口

 

 第三回目の更新にしてようやくそれっぽいのが出てきました。

 この手の建築物を見て回るのには最高な国、それが中国。

 ここも期待を裏切らないところでした。

 

 

 ●中国っぽさ満点

 

 日本人が何となくイメージしてそうな

 中国の街並みがそこら中に見られます。

 でもこんな具合なんでとにかく迷う。。。

 どっかで地図をゲットしてから見て回りましょう。

 

 

 ●京劇の舞台

 

 さすがは歴代皇帝の別荘。

 アミューズメント施設の壮大さは半端じゃないですね。

 でもこれでもまだまだ大したこと無いのが中国。

 この後もっと凄いのが出てきます。

 

 

 ●別荘の池

 

 わざとらしいほどの中国ぽさ。

 ていうか、ここ中国だから当たり前ですね・・・

 ところがこの池というのが我々日本人のイメージする

 庭にある池とは桁違いのサイズなんですね。。。

 

 

 ●こんなスケール

  

 庭の池てレベルじゃない・・・

 池どころか山まであるし。

 で、その山にはこれまた壮大なスケールの城が建ってます。

 

 あと写真見て気がついたんだけど・・・

 

 この池危な過ぎ。。。柵が全く無い。

 

 日本だと誰かが落ちたとかですぐ問題になりそう。

 この辺の大らかさというかいい加減さを見ると

 まだまだ中国は変わってないな、とある意味安心します。

 

 

 ●これがその壮大な城

 

 本当この国は昔からやることが派手ですねぇ。

 日本の城に比べて手間のかかり具合が桁違いです。

 

 

 ●城までは船でアプローチ

 

 城の近くまではこんな船でアプローチ。

 運賃は1人5元(約80円)。約10分の船旅です。

 

 

 ●バリアフリー、て何?

 

 目的地の城は遙か上空。

 そこまで気が遠くなりそうなほどの階段が続きます。

 中国のこの手の観光地は現状維持を

 心がけているのかどうかは分かりませんが

 健康な人じゃないとまともに楽しめません。

 中国をご訪問の際には体調管理はしっかりと。

 (といっても結局現地で体調崩したりするわけだが・・・)

 

 

 ●最上部から眺める池と北京市街

 

 前日の雨のお陰で大気が浄化されたのか

 北京に来て始めての青い空です。

 ここから眺めるとこの池のスケールの大きさがよく分かります。

 

 

 ●変なアイス

 

 その名も「緑色心情」

 パッケージには・・・グリーンピース?・・・

 怪しい。。。

 

 

 味のほうはというと

 

 

 あずきバー

 

 ということで結構いけます。お値段3元(約50円)。

 北京ご訪問の際には是非。

 

 

 ・・・

 

 ここまでの更新で

 「管理人遊びまくってるな」

 と思われるかもしれませんが全然そんなこと無いです。

 会議が休みの日時に行ったところを

 何回かに分けて小出しにしてるだけなんで。

 

 基本的には毎日朝から晩まで会議場に拘束。

 目と鼻の先に魅力的なスポットがいっぱいあるのに

 見にいけないこのもどかしさ。

 そろそろ純粋に観光でどっか行きたいですね。

 

 

 そんなわけで第三回更新はこれにて終了。

 次回いよいよ世界最大の建造物といわれる

 あれが登場します。お楽しみに。

 

 それでは。

 


◆07/06 北京現地更新第二回

 なかなか更新出来ないですねぇ。

 管理人@世田谷区北京市です。

 

 とにかくね、ネット環境が悪いわけ。

 今朝まで使えたと思ったら、その日の午後にはダメだったり・・・

 そんなわけで中々難しかったわけです。

 

 でもなんとか今日は更新出来そうです。

 それでは第二回をどうぞ。

 今回は中国最高学府、北京大学訪問です。

 

 

 ●晴れてもこんな具合

 

 霞んでますね・・・本当に空気がひどいです。

 ところがこの翌日にはもっと酷い目に遭う事に・・・

 

 

 ●フリーダムな交通ルール

 

 そこ自転車道だから・・・

 

 タクシーの相変わらずの暴れっぷりは

 五輪前でも健在です。まだまだ中国だ。ある意味一安心。

 

 

 ●でっかい画面はまだ不慣れ

 

 Windows!!!

 

 

 ●北京大学正門

 

 中国最高学府、北京大学です。

 北京大の先生曰く「日本で言うと東大の赤門」とのこと。

 中国人の皆さんも記念撮影やりまくってました。

 

 

 ●福田首相も講演した大講堂

 

 ようやく中国臭くなってきました。

 この北京大学、とにかく広くて緑がいっぱい。

 多くのエリアが市民にも公開されています。

 これは北京大のシンボルの大講堂。

 北京大の先生曰く「日本で言うと東大の安田講堂」とのこと。

 やはりここも記念撮影スポットみたいです。

 

 

 ●こんなんだけど大学の敷地内です

 

 なんという中国な画。水墨画の世界ですね。

 

 

 ●水墨画の世界

 

 よく見ると・・・

 あの塔傾いてる気がする・・・

 

 

 ●今度は遺跡?

 

 遺跡と見間違うほど苔むした建築物群。

 ところがこの遺跡みたいなのも現役です。

 主に文系の学科が好んでここに入るとか。

 まあ文系が好む、てあたり何となく分かる気もしますけど・・・

 

 

 ●野生動物も出ます

 

 リス出没。というか結構そこら中にいます。

 これが北京市内だとは考えられないですね。

 海外の観光客にはメジャーなスポットでは

 ありませんが結構穴場ですよ。

 学生食堂も使えますし、結構美味しくて超安い。

 

 

 ということで今回はここまで。

 次回はある世界遺産が登場します。

 

 さらに次々回、いよいよあれが登場!

 宇宙からも見える、とか言われてるあれです。

 お楽しみに。

 

 それでは。

 


◆07/03 北京現地更新第一回

 やっぱり中国は変わってないよ・・・

 管理人@世田谷区北京市です。

 

 

 オリンピックを控え大変貌を遂げつつある北京。

 管理人の目に飛び込んできたのは

 そんな生まれ変わった北京の輝かしい姿であった。

 

 規律正しく親切であたたかい人民たち。

 SF映画の世界のような美しく近代的な街並み。

 深い森の中にいることを錯覚させる緑豊かな大都会。

 

 ・・・

 

 

 なわけないよな。中国だもん。

 

 

 とりあえず現地到着から本日までに遭遇した

 日本ではまずありえない事態を軽く列挙してみます。

 

 ・常軌を逸した大気汚染。日本だと外出禁止レベル

 ・タクシーとリヤカーの事故を高速道路で目撃

 ・予約内容と違う部屋だらけ。

 ・今回の会議、レジストしてないことになってた。

 ・タクシー迷う。とどめに訳分かんないとこで下ろされる。

 ・タクシー窓壊れてる。それで高速道路爆走。

 ・ネットが部屋で使えない。4つ星なのに・・・

 ・カードキーの部屋なのに鍵開けるのにコツがいる

 ・そこら中の茂みで排泄行為に励むタクシー運転手たち。

 ・市民、タクシー運転手当然ながらホテルの人すら英語全くダメ

 

 などなど・・・その他小さいことまで挙げてるとキリが無い。

 

 

 全くね、この国だけはいつ行っても期待通りですね。

 こんなんであと1ヵ月後にはオリンピックやるんですよ。

 そりゃチ

 

 

 そんなわけで第一日目の写真をお楽しみ下さい。

 なお回線状況が思わしくないため

 現段階では画像クリックしても

 大きい写真にはなりませんので悪しからず。。。

 

 

 ●これが北京の大気汚染その1

 

 これ別に特段曇ってるわけじゃありません。

 飛行機のアナウンスは確かに

 「現地の天候は晴れ」と言っております。

 

 

 ●これが北京の大気汚染その2

 

 これで本当に晴れてんのか?・・・

 ところが飛行機から一歩外に踏み出してみると分かります。

 

 「中国の匂いがする」

 

 ただし今の北京はただ中国の匂いがするだけじゃありません。

 中国の匂い+ほこっりぽさというか粉っぽさ

 て感じ。確かにこの中でマラソンしたら危険ですね。。。

 

 

 ●北京首都空港第三ターミナル

 

 なんという壮大さ。こんな大空間見たことないです。

 地震がほとんど起きないからこそ出来る芸当ともいえますが

 それにしてもこのスケールは圧巻です。

 

 ちなみにこんなのが何件も建ってます

 この空港見るだけでも中国の経済発展振りをうかがえますね。

 

 

 ●でもそんな空港の周りは・・・

 

 ちゃんと中国してました。一安心。

 でも自転車やバイクの数が大幅に減少してました。

 みんな車買えるほど豊かになったんでしょうか?

 

 

 ●え、もうこの写真出しちゃうの?

 

 オリンピックのメインスタジアム、通称「鳥の巣」です。

 タクシー乗ってたらいきなり目の前に現れたんで

 急遽下ろしてもらって訪問。

 でも中に入ったりすることは出来ないみたいです。

 もしかしたらもっと良い撮影スポットがあるかもしれないんで

 中国人に聞いてみます。

 

 

 ●北京の夕暮れ

 

 晴れの日の夕暮れでもこんな具合です。

 こんな中に10日間もいて無事でいられるのかちょっと心配・・・

 

 

 ●生ビール・・・ではなかった。。。

 

 メニューに「碑酒 純生」とあるもんだから

 生ビールと思い込んで注文。

 その結果現れたのがこの「純生」という名前のビール。

 何のことは無い北京を代表するビールである

 燕京ビールの高級版だそうです。

 

 なお高級、といっても1本12元(≒190円)です。

 まあ普通の燕京ビールは5元とかだし、そう考えると高級ですね。

 味のほうは、燕京ビールをもっとあっさりさせた感じ。

 故に飲みやすいですが、味は薄めです。

 

 

 ●完食させないぞ

 

 なにこの量。。。

 写真でみるといまいち迫力伝わってこないけど異様な量です。

 右端の中華鍋見ていただけると

 そのスケール感が伝わってくるかな。

 

 典型的な庶民向け北京料理という感じで

 とにかく揚げるか茹でるか炒めるか

 しかも脂っこくて濃い口

 その上山盛。いや激盛

 とどめに頼んでも無いのにデザート

 

 まあ完食できないほど目いっぱい振舞うのが

 中国の礼儀、みたいな話も聞いたし

 こんなもんなのかなぁ。

 周り見ても普通に残してたし。

 

 「勿体無い」精神が息づく日本人にとっては

 こうして残しちゃう行為にどうしても罪悪感を感じてしまいます。

 

 

 まあそれもアジアを何度か旅するうちに忘れてきますが・・・

 

 

 こんな具合で1日目は終了。

 いやぁなんか相変わらずのクオリティで安心しました。

 何しろこちらから何も働きかけなくても

 ネタが降ってくるからね。この国は。

 

 

 次回更新はもうちょっと街中の写真を撮れればと思います。

 それでは。

 


◆07/01 行ってきます

 いよいよ明日出発!

 管理人@世田谷区です。

 

 ということで早々に6月分を履歴に引越ししました。

 またついでに壁紙館に新作を投下しました。

 

 さらに旅のページも更新。

 といっても今回の旅のところが

 ちょっと派手になっただけです。

 

 そんなわけでこのHPの方の準備は万全

 あとは現地更新するだけですね。

 

 

 で肝心の旅の準備の方ですが。。。

 

 全く進んでいません・・・

 現在荷作り中。例の如く前日準備です・・・

 

 

 ちなみに・・・

 

 発表資料(PPT)も出来てません・・・

 現在資料作成中。多分現地に行っても作ってると思います・・・

 

 

 てことで次回更新は北京からとなります。

 お楽しみに。

 

 

 それでは。

 


Copyright (c) 2008 Tohoku Revenge. All Rights Reserved