◆2009年3月分

◆03/30 中国語会話第九課完成

◆03/28 お手紙紹介3

◆03/27 日本のマスコミ★★

◆03/26 世界一長いウェブページ完成★★★

◆03/22 世界一長いページ更新中

◆03/19 日本の色んな「世界一」

◆03/15 世界一長いウェブページを作る★★★

◆03/12 5万HIT達成

◆03/10 東京都庁スキー場

◆03/06 北海道の旅ダイジェスト

◆03/05 無事です

 

履歴に戻る  トップに戻る


◆2009年3月分本日のネタ一覧

本日のネタ

<2009/03/27>
列島熱狂!WBC決勝最高視聴率45.6%
みんな昼間から何やってんだよ・・・とか言ってる管理人もkeyholeTVでしっかり見てました。

小沢代表「辞任を」66% 内閣支持率23%に上昇
まぁ当然の流れだわな。でも小沢辞めたら民主はマジでこの先どうするつもりなんだろう・・・

中国、Youtubeへのアクセスを全面禁止
理由は言うまでもないですね。こんなことしても隠しきれることじゃないと思うけどね。(Technobahn)

氷を砕いて仲間を助けるゲーム"Ice Breaker"
操作はマウスドラッグだけ。氷を切り取って仲間の船に降ろしましょう。シンプルながら良く考えられたゲーム。


<2009/03/19>
私のノート術
おぉ、これは参考になる・・・と思ったのですが私は字が汚いんで駄目ですね。。。最近は全部Outlook任せです。

スペランカー入門
ファミコン世代な人ならきっと一度はやったことがあるであろうゲームですね。あの主人公の脆さといったらないです。

ミクロの世界を体験できる--「USBなんでもマイクロスコープ LITE」
こういうの男ならグッと来ますよね。いろんなアタッチメントがあるのもポイント高いです。

面接で「東京都にはマンホールがいくつある?」と聞かれたら?
私が某社を受けた時は「1億円用意するから、これで空飛ぶ方法考えて」て言われたな・・・


<2009/03/10>
子供が最も多く食べる「野菜」はフライドポテト〜摂取量全体の4分の1
タイトルを見て分かると思いますがあの国の話題です。日本に生まれて良かったよ。(usfl.com)

4月から新社会人!仕事で糞使えるフリーソフト集
私も使いまくってるソフトがいっぱいありました・・・みんな目をつけるところは同じですね。

子どもの憧れ“大人食い”40代の6割が願望達成
管理人は健康だけど年々腹いっぱい食べたい、て欲望は無くなってるなぁ。(CNET.Japan)

無線LAN無断接続やめよう
といっても法的にはなんらお咎め無しなのが現状。セキュリティ設定無しで使っているユーザー側もどうかと思います。


 

◆03/30 中国語会話第九課完成

 早速要望にお答えして。

 管理人@世田谷区 岡山市です。

 

 凍結中の企画を再開せよ、との要望にお答えしまして

 中国語会話第九課を公開しました。

 今回は数字の表現です。

 なお次回の第十課が最終回の予定です。

 

 アメリカの旅行記はちょっとすぐに着手は出来なさそうですね。

 色々とやらなきゃならないタスクがいっぱいで・・・

 

 今は実家にいますが時間が空けばリモートデスクトップで

 研究研究だからねぇ。

 つくづく研究職でのは好きじゃないとやれない仕事だと思います。。。

 

 今日は少ないけどこれだけです。

 あ、あと相互リンク更新しました。

 それでは。

 


◆03/28 お手紙紹介3

 久しぶりのお便りコーナー。

 管理人@世田谷区 東海道新幹線内です。

 

 今週末はちょっと実家に帰ります。

 そんなわけで現在新幹線内で更新中です。

 アップするのは岡山着いてからですね。

 前回同様、名前は伏せてます。

 それではどうぞ。

 

 

 Q1:管理人さんはいつまで@世田谷区なんですか?

 
 A1:今のところ少なくともあと1年間は@世田谷区です。たぶん。

    まぁ「管理人@世田谷区」てのを4年間も使ってると

   「管理人@世田谷区」を名前にしちゃってもいいかなぁ、と。

 

   でもそうなると、もし京都に引っ越したとすると・・・

   「管理人@世田谷区@左京区です。」

   みたいなややこしいことになっちゃうな。。。

 

 

 Q2:5万HITおめでとう!


 A2:ありがとう。

    ここ数ヶ月で急にアクセス数が伸びてます。

        ジンバブエ効果はかなりのもの。

    Tohoku Revenge Projectもこれに追随して欲しいものです。

 

 

 Q3:相互リンク依頼したのに返事が来ないよ?


 A3:ごめんなさい。多分普通に見落としてます・・・

       公私含めて多い日には100通ほどメール受信してるもので。

       また本当にてんぱってる時は相互リンクしたけど

   メール送り忘れてたりするんで当サイトに来てみて下さい。

   あと内容によっては相互リンクをお断りしている場合もあります。

   その場合には特にこちらからは連絡しませんので悪しからず。。。

 

 

 Q4:旅行記更新して!


 A4:ですよね。。。

    当サイトは「旅」がメインコンテンツだからねぇ。

    多分・・・今年度内はムリです。ごめん・・・

    今書きかけのアメリカ縦断からですね。

 

 

 Q5:管理人はどこで中国語を学んだんですか?


 A5:きっかけは大学での第二外国語です。

    中国語、ドイツ語、フランス語から選べ、てことだったんで

    多分中国語が一番簡単、という実にいいかげんな理由で。

    で実際に文法はこの中ではぶっちぎりに簡単です。

 

    ただし発音の方はヤバい。完璧に習得することはまず不可能でしょう。

    かくいう管理人もホントに片言レベルです。

    まあそれでも全く知らないよりは相当マシな旅が出来ますよ。

    

    多分これからの時代、身に着けていて役立つ言語であることは

    間違いないでしょう。頑張ってみてはどうでしょう?

 

 

 Q6:ほったらかしの企画の着手を希望する

 A6:またお前か。(↑この人これで3回目だ・・・)

    

    まあ確かに放置している企画はいっぱいあるね・・・

    とりあえずここらへん↓から検討してみようかな。

    ・東リベグルメマップ(現在凍結中)

    ・中国語会話第九課

    ・きたかん(やるのか?・・・前回やるとか言っちゃったけど。。。)

 

 

 Q7:管理人は何者なんですか。気になって夜も眠れません。

 A7:寝ろ。気になるな。以上。

    ここの下の方にヒントはある。これ以上は詮索するな。

 

 

 本日はここまで。

 それでは。

 


◆03/27 日本のマスコミ

 今日は当サイトらしからぬ重たいネタ。

 管理人@世田谷区です。

 

 みなさん、テレビとか新聞とか利用していますか?

 

 管理人は利用してます・・・

 が確実に以前よりもその頻度は減っています。

 また情報源としての依存度合いも低下しています。

 

 

 ではなぜそうなったのか?

 

 インターネットの登場。これに尽きます。

 何と言ってもその即時性は他のメディアを圧倒します。

 

 また他のメディアと大きく違う点として

 自分の意思であらゆる情報を探しに行けることがあげられます。

 新聞もテレビも基本的にはそこに掲載される情報が全て。

 

 

 そしてインターネットを使うようになって分かったことは

 マスコミは手に入れた情報を

 なんでもかんでも流しているわけではないな

 ということ。

 

 

 もっとはっきり言えば・・・

 自分たちに都合の悪い情報はあえて流そうとはしません。

 

 とまぁこんな具合なのがマスコミなわけですが

 これは日本に限らずどこの国のマスコミもある程度はやってます。

 しかし・・・どうやら日本のそれは少々度を越えているようですね。

 この点を見事に指摘している記事を見つけたので紹介します。

 

 麻生首相はメディア攻撃の犠牲者となった(ストレーツタイムズ)

 原文(The Straits Times)

 

 情けないのはこれを海外のマスコミに指摘されていること。

 ちょっと長い記事ですが、日本のマスコミの現状を実に冷静かつ

 的確に分析しています。

 

 リンク先にもあるように、現在のマスコミの中には日本に好ましくない

 勢力がいるのも確かです。

 その上、異様なまでに過熱する視聴率競争が現状を淡々と伝えるという

 本来のマスコミの姿を変容させてしまいました。

 挙句の果てにはその視聴率競争の結果生まれた番組が

 クソつまらない(少なくとも管理人にとっては)と如何ともし難い状況です・・・

 

 

 このような偏向報道はもう当たり前になっています。

 ここで一つ、日本のマスコミが隠しているニュースを紹介。

 

 経済対策に広告税導入を

 

 知らない人は知らない事実。

 実は日本の広告には基本的には税金はかかっていません。参考

 あらゆるものに課税されているこの世の中、

 数兆円規模の広告産業が非課税というのは

 意外かと思われたことでしょう。

 (2008年度の広告費は約6.9兆円

 

 麻生首相はこれに課税しよう、と言い出したわけです。

 数兆円規模の産業に非課税というのは確かに異常。

 持ってる所から取るべきですよね。

 

 しかし・・・それをやられて一番困るのがマスコミ。

 彼らはその広告費で食ってるわけですね。

 ただでさえ不景気で広告費が減り続けている今

 課税までされてしまうと首が廻らなくなるわけだ。

 

 だから報道しない。

 国民がこれを知れば「課税しろ」、て流れになるのは明らか。

 マスコミお得意の世論操作も通用しないだろう。

 

 ちなみに大手マスコミ各社は消費税増税には

 基本的に賛成寄りの姿勢を示しています。

 理由は・・・言うまでもありませんね。。。

 

 

 これはほんの一例に過ぎませんが

 はっきり言ってマスコミは偏向報道をやっています。

 テレビも新聞も重要な情報媒体であることは間違いありません。

 ですがそれを全て鵜呑みにして、情報源をそれだけに頼るのは

 いささか危険なのかもしれませんね。

 

 マジで当サイトらしからぬ流れになっちゃったな。。。

 まぁたまにはこんなのもいいかな。

 

 ・・・

 

 

 

 こんなマスコミの現状が変わることはないのか?だって?

 

 ・・・

 

 まぁ当分ないだろうなぁ。

 だって朝○とか○日は戦前に

 ○主党とあの国とパt

 そもそも日本最大の某広告代理店のトップがk

 

 これ以上書くと夜中に

 「おや、誰か来たみたいだ・・・」

 てことになりそうなので自重します。

 

 それでは。

 


◆03/26 世界一長いウェブページ完成

 意外と手こずりました。。。

 管理人@世田谷区です。

 

 ようやく完成です。

 世界最長のウェブページこと

 Tohoku Revenge Projectの完成版を先ほどアップロードしました。

 四季折々に移り変わる美しい日本の様子を眺めながら

 全長約510万kmの大旅行をお楽しみ下さい。

 

 本家と同じく音楽も流れます。(今年の東リベおみくじの使いまわし)

 いかにも日本な音楽で日本発を強烈に

 アピールするようになっております。

 デフォルトではOFFな辺り、本家よりも空気を読めているかと思います。

 

 製作期間およそ10日間。

 当サイトとしては久しぶりの力作となりました。

 右側のメニューからも行けるようにしました。

 

 なおTohoku Revenge ProjectはInternet explorerおよび

 それに準ずるブラウザでの閲覧を想定して設計されています。

 FirefoxやSafariだと残念ながら正常に表示されません。

 

 最後に当プロジェクトのために以下のサイトから

 いろんな素材を貰ってきました。

 美麗な素材の数々、ありがとうございました。

 四季の素材 十五夜

 和風素材×フリー和柄素材 ネオジャポニズム

 風と樹と空とフリー素材

 Miho's House

 

 あとはKDDIがどう出るかだな。

 よし、ここでもう一度言っておこう。

 

 どうだKDDI。これで世界一は語れないぞ!

 ギネス認定は管理人@世田谷区のものだ!!

 

 ・・・

 

 問題は相変わらず管理人にギネス申請の意思が無い点です。

 そもそもFirefoxとかじゃうまく表示出来ない段階でいまいちだしねぇ。

 こうして面白可笑しく遊べれば充分なわけです。

 

 次回はうって変わってちょっと真面目な話題です。

 それでは。

 


◆03/22 世界一長いページ更新中

 凝り性は損。

 管理人@世田谷区です。

 

 さて前回予告しました通り、現在世界最長のウェブページこと

 Tohoku Revenge Project を更新中です。

 とりあえず一部だけ出来ているのでご覧下さい。

 本家のGrean Road Projectの意匠を

 大胆にパクり リスペクトしてみました。

 

 「世界一」を全世界にアピールするために、説明文は日英両方用意。

 さらに日本発を印象付けるために

 和テイストな雰囲気にこだわってみました。

 全体を12分割し1月から12月まで日本の移り変わる

 美しい四季を充分に堪能して頂ける作りとなっております。

 

 ですが・・・凝り性てのは損なもので

 いろいろやってるうちに今日完成に間に合わず。。。

 (まぁ昨日仕事あった、てのもあるんだけど)

 まぁ明日か明後日には完成させますね。

 

 なお総延長ですが計算ミスが見つかりました。。。

 実際のブラウザ上でチェックしてみたところ

 300pxcel≒77mm → 1pxcel≒0.2567mmでした。(微小な差ですが・・・)

 そんなわけで15兆pxcel≒385万kmですね。

 

 なお現段階(03/22 午後5時ごろ)で本家の長さは約325万km。

 この調子だと3/31までに15兆pxcelを超えてしまいそうです。

 というわけで・・・

 

 長さを20兆pxcel(≒513万km)にしました。

 

 ちなみにIE、あるいはそれに準ずるブラウザでないと

 正常に表示されない場合があります。

 (FireFoxだと横スクロールが出来ない・・・)

 その辺も今後対応していく予定です。

 

 完成までもう一息。

 それでは。

 


◆03/19 日本の色んな「世界一」

 今月はゆとりがあったはずなのになぁ。。。

 管理人@世田谷区です。

 

 今月はいっぱい更新出来そうな感じだったのですが

 どうやらそうもいきそうにないですねぇ。

 まぁこんなご時勢、忙しいのは良いことだけどね。

 

 さて前回、KDDIの世界一長いウェブページ(Grean Road Project)

 に対抗してそれよりも長いウェブページを作ったわけですが・・・

 Tohoku Revenge Project

 

 「同じ色ベタ塗りじゃホントに長いのかよく分からない」

 との厳しいご指摘をいただきました。

 

 ・・・

 なるほど確かにKDDIさんのやつはそういう意味では

 そのスケールを体感しやすい作りになってますね。

 というわけで今週末にでも改良してみます。

 

 なお現時点(2009/03/19 午前1時半)でGrean Road Projectは

 まだ300万kmに達していません。そしてその更新は3/31まで。

 

 かたや我々のTohoku Revenge Projectは約390万kmあります。

 しかも管理人のサジ加減一つでいくらでも延長可能

 KDDI真っ青のハイパースペックだ!

 あとはKDDIさんがTohoku Revegnge Projectに気がついてくれれば

 

 

 さて今日はそんな世界一にちなんで国日本にある

 意外な世界一を探してみました。ジャンルは地理です。

 当サイトは一応旅がメインコンテンツだし。

 

 

 ●世界一低い山:天保山(大阪府) 場所

 

 地形図に記載されている山としては世界一低い山。

 海抜は僅か4.53mです。→参考

 もはやどこが山なのかも分からないですね・・・

 

 それではもう一つ、山ネタを。

 

 ●世界最小の火山:笠山(山口県) 場所

 

 中央の盛り上がったのが火山。海抜わずか112m

 火口の幅30m、深さ30m。小さい・・・

 

 

 そして日本にはもっと微妙な世界一の地形があった・・・

 

 ●世界一狭い海峡:土渕海峡(香川県) 場所

 

 香川県は小豆島にある世界最狭の海峡。→参考

 長さ2.5km、幅は一番狭いところで9.3mしかありません。

 ちなみに現地では海峡横断証明書が手に入る。

 

 そしてまだまだ我が国には微妙な世界一がある。

 

 

 ●世界一雪が深く積もった場所:伊吹山(滋賀県) 場所

 

 ここは観測史上最も雪が積もった場所。

 その深さなんと11.82m

 実は日本は世界有数の豪雪地帯ですが、その中でも群を抜いています。

 ちなみに日積雪量でも世界一を観測しており、その深さなんと230cm

 こういう記録は新潟や北海道のものだと思っていたので

 調べてみてビックリ。

 

 

 最後に、多分みんな名前は聞いたことあるけど

 これが世界一だった、てことは意外としらないかも。。。

 

 

 ●世界一小さい島:沖ノ鳥島(東京都) 場所

 

 日本人なら多分誰もが一度は聞いたことがある名前でしょう。

 実はこの島、日本一はもちろん、世界一小さい島なんですね。

 上の写真を見ると、リング状の部分が陸地に見えますが違います。

 リングの中に灰色の小さいのが見えますよね。それが島です。

 

 

 近くから見るとこんな感じ。

 手前の人と比べてもその小ささがよく分かります。

 中高の地理の教科書でもおなじみの写真ですね。

 

 ですが・・・実際の沖ノ鳥島はこんなに大きくありません。

 というのも上の写真のコンクリ部分は実は島を守る堤防

 沖ノ鳥島本体は中央の黒いフタの中です。↓

 

 これ。上陸したら壊れそうだ。。。

 これがなくなると、日本の国土よりも広い経済水域を

 失うことになるので必死で守ってるわけです。→参考

 

 

 以上、今日はちょっと勉強になるネタでした。

 それでは。

 


◆03/15 世界一長いウェブページを作る

 打倒KDDI!

 管理人@世田谷区です。

 

 先日、こんなのを見つけました。

 KDDI の「Green Road Project」が、世界一横に長いサイトに

 

 なんでもKDDIが作ったGreen Road Projectなるサイトが

 世界一横長なサイトになったとのこと。

 ギネスブックにも申請予定らしい。

 

 そんな話題を聞きつけた管理人。

 すぐにこんなことを思いつく。

 

 「それより横に長いサイトを作ってやろう。」

 

 ・・・

 

 

 甘かった。。。

 

 そうそれは余りにも甘過ぎる野望だった。

 なにせそのサイト、3月15日正午現在で約260万kmもある。

 しかもそれは今も伸び続けている。

 さすがは超大企業KDDI。一個人の私では成し得ない偉業である。

 

 ・・・

 

 といって、これで諦めてしまっては今日のタイトルの意味が無い。

 研究者たるもの諦める、ということは一番やっちゃいけないことだ。

 ここは視点を変えてみよう。

 何とかしてKDDIを超える長さのWebページを作ってみよう。

 

 

 具体的な検討に入ってみる。

 まず敵の全容を明らかにしよう。

 

 <KDDI Grean Road Project 諸元>

 ・サイズ
  横:260万km
  縦:1024pxcel(※1)

 ・機能
  Javascriptによる動画機能
  音楽再生(自動)
  リアルタイム(?)更新

 ※1:一般的なPCの画面は1024×768pxcelが多いが
    大きめサイズを想定して1280×1024とした。

 

 かなり手強い相手だ。

 まず動画や音楽といった多様なインタラクティブ機能には

 一個人としては到底太刀打ち出来ない。

 しかも相手はプロのWebデザイナーだ。

 意匠的な意味でも勝ち目は無かろう。

 

 となればもうサイズで勝負するしかない。

 縦横比が約260万km×1024pxcelである。

 260万km=2.6×1012mmだ。

 一方一般的なWebブラウザの解像度は96dpiらしい。→参照

 dpiというのは1インチに何pxcelおさまるか、という意味だ。

 つまり1pxcel = 1インチ / 96dpi = 25.4mm / 96dpi = 0.26mmだ。

 以上より、約260万kmは・・・

 2.6×1012mm / 2.6×10-1mm = 1.0×1013pxcelとなる。

 1.0×1013 = 10兆pxcel

 

 ・・・

 

 つまり

 横幅が10兆pxcelを超えるサイトを作ればKDDIに勝てる

 わけだ。

 ただし現在も伸び続けているので、それも計算に入れると

 15兆ほどは欲しいところだ。

 

 そんなサイト作れるのだろうか・・・

 

 

 試行錯誤すること2時間。。。(日曜の昼下がりになにやってるんだか・・・)

 

 

 完成!

 <Kanrinin@Setagaya-ku Tohoku Revenge Project 諸元>

 ・サイズ
  横:約390万km(15兆pixcel)
  縦:1024pxcel(※1)

 ・機能
  Javascriptによる動画機能無し
  音楽再生(自動)なんてついてる訳がない
  ノンリアルタイム(?)更新

 ※1:一般的なPCの画面は1024×768pxcelが多いが
    大きめサイズを想定して1280×1024とした。

 

 Tohoku Revenge Project

 

 気のきいた機能は一切排除

 とにかく横に長いことだけを目指した設計となっております。

 しかもこのサイト、KDDIさんのProjectみたいな

 javascriptによる横長ではなく、widthによる横長です。

 ごまかし無し。ガチで15兆ピクセル分の長さです。

 

 どうだKDDI。これで世界一は語れないぞ!

 ギネス認定は管理人@世田谷区のものだ!!

 

 ・・・

 

 問題は管理人にギネス申請の意思が特に無い点です。

 そもそもWebページの長さ、ていろんな定義が有りそうだしねぇ。

 こうして面白可笑しく遊べれば充分。

 KDDIがマジでギネス認定されたら考えてみてもいいかも。

 

 今日はここまで。

 それでは。

 


◆03/12 5万HIT達成

 5万HIT達成!!

 管理人@世田谷区です。

 

 ついにやりましたよ。

 5万ヒットですよ。

 まぁだからといってこれまで通り

 なんにも起こりゃしないですけどねぇ。

 

 でも4万や3万の時よりも感慨深いですね。

 やっぱり5万てキリの良い数字だからでしょう。

 いやいやそれにしてもよくここまで続いたものだわ。

 

 で、ちょっと過去の日記を見返して見ましたが

 最近は更新ペースが落ちまくってますね・・・

 日に日に多忙になっている為でもありますが

 どうにかしないとなぁ、と思います。

 

 で・・・今後の当サイトの予定ですが

 特にこれといって大きな変化は無さそうですね。

 これまで通り管理人の気の向くまま

 時間の有るときにユルユルと続けていくつもりです。

 

 最近更新止まり気味の旅行記の方は・・・

 どうしましょうかね。(←管理人の言うセリフじゃないぞ・・・)

 とりあえずトップページだけ作ったアメリカ縦断から

 手をつけていこうかと思います。

 

 あと・・・ほったらかしにしてきた読者からのメールに答える

 コーナーを久しぶりにやってみようかなぁ、と思ってます。

 

 何はともあれ常連の皆様、ありがとうございました。

 そして初めての皆様もありがとうございます。

 今後とも当サイトと末永くお付き合い下さい。

 管理人も可能な範囲で皆様のご期待、ご要望に

 答えていきたいと思います。

 

 

 ・・・なんだかビジネスライクな台詞回しになってしまったな。

 当サイトらしくないなぁ。

 どうせ今後も相変わらずバカなことばっかりやり続け

 

 そんなわけで今日はここまで。

 それでは。

 


◆03/10 東京都庁スキー場

 そろそろ5万ヒット到達の予感。

 管理人@世田谷区です。

 

 5万ヒットか。。。

 よくもまぁここまで続いたものです。

 今週中には確実に到達ですね。

 まぁ例の如く何も起こりませんけどね。

 

 毎月恒例履歴への引越しを行いました。

 2月分は履歴をご覧下さい。

 

 

 今日の話題は東京都庁。

 おととい地元からお客さんが来てまして

 東京観光に繰り出しておりました。

 「東京を一望できる場所に行きたい。」

 ということで東京都庁に行ってきました。

 

 で、都庁に行ってみると・・・

 

 

 スキー場がある・・・

 

 ここ東京だよな。

 しかも・・・

 

 

 ここは東京都庁の敷地内。東京都の心臓部だ。

 この通り都庁前に巨大な雪壁が登場。

 後ろに見えるは紛れも無い、ご存知東京都庁だ。

 

 奥のほうにはちょっとした雪原も登場。

 日頃雪に触れることがない東京っ子たちが雪遊びに興じている。

 これは一体どういうことなんだ・・・

 

 ・・・

 

 正体はこれ。

 Tokyo Snow Style in 都庁

 

 リンク先にある絵の通りのものが都庁前に出現。

 45度はあろうかという急斜面からスキーヤー達が続々と降下。

 見ているこっちが怖くなりそうなアグレッシブな演技を

 続々と披露してくれました。

 

 しかもこれ入場無料

 たまたま都庁見学に来てた外国人達には

 事の他うけたみたいで、カメラ片手に大興奮。

 

 "Incredible! High-tech city, Tokyo!!"

 (やべぇ、東京ハイテク過ぎ!)

 

 て、言ってるのが聞こえました。(まぁ管理人のリスニング力はかなり怪しいが・・・)

 また日本が誤解されるなぁ・・・

 いつも都庁でスキーやれるわけじゃないから。。。

 

 

 まぁその後、展望台に上がってからの彼らの反応は

 もっと面白かったけどね。

 70歳くらいの欧米人のおばあちゃんなんか固まってたし・・・

 たしかに360度どこを見ても市街地で埋め尽くされている

 都市なんてなかなか無いからねぇ。

 

 

 ちなみに都庁の展望台も無料です。

 都庁太っ腹だねぇ・・・

 

 

 で・・・肝心の都庁展望台からの写真ですが・・・

 

 

 ・・・が今日のオチです。

 

 メモリーカード入れ忘れてました・・・

 (スキーは携帯で)

 

 また暇なときにでも撮りに行きます。

 写真、お楽しみに。

 

 それでは。 

 


◆03/06 北海道の旅ダイジェスト

 帰京してもう4日経った今更ですが。

 管理人@世田谷区です。

 

 明日締め切りの報告書がたっぷり溜まってたのですが

 なんとかやっつけ終わりました。

 というわけで暇もやっと出来たんで今更ながらですが

 先日の北海道の旅のダイジェストです。

 ではどうぞ。

 

 ●札幌といえばココ

 

 今回の旅では北海道初上陸という人も何人もいたので

 札幌都心定番コース(時計台、大通、道庁)を巡礼して来ました。

 北海道に4年間住んでた管理人は終始ガイド役。

 

 それにしても内地の人間は北海道の冬をなめすぎてますねぇ。。。

 あれほど

 「寒いぞ」、「足元ツルツルだから靴気をつけろよ」

 て言ったのに・・・

 まぁ旅行期間中が異様に暖かかったのは救いでしたね。

  とはいえ最高気温は連日0℃前後ですが・・・

 

 

 ●札幌五輪聖火台

 

 ところ変わりましてここは札幌市内のスキー場。サッポロテイネ

 札幌駅から電車とバスを乗り継いで約40分。アクセス良好過ぎ。

 管理人にとっては冬のホームグラウンドでした。

 これは札幌オリンピックの時に使用された聖火台です。

 

 

 ●石狩湾一望

 

 天気が良くなると札幌市北部の市街から石狩湾を一望出来ます。

 ちなみにこの日は午後から超吹雪。

 写真中央の雲の固まりは吹雪が過ぎ去った跡です。

 スキー場での吹雪はマジで死ねるね・・・寒い、というか痛い。。。

 

 

 ●キロロスキー場

 

 今回のスキー旅行は札幌を拠点にして

 毎日違うスキー場に出かける、というスタイルをとりました。

 テイネの翌日はキロロに行ってきました。

 この日は最高の天気で山頂からの眺めも最高。

 これは朝里岳山頂の様子。

 遠くには小樽や日本海も望めます。

 

 

 ●朝里岳山頂の大雪原

 

 山頂リフト乗り場の反対側には広大な雪原が広がっています。

 天気が良い日のこの雪原の光景は一見の価値有り。

 ただし基本的には立ち入り禁止なんで突入する方は自己責任で。

 

 

 ●ここはヨーロッパかカナダか

 

 北海道のスキー場は本当に秘境な場所にあるので

 周りに人工物が全く見当たりません。

 そんなわけでこの通りまるっきり日本離れした風景を堪能出来ます。

 札幌や小樽などの市街地だけにいては出会えないですね。

 (まぁヨーロッパもカナダも行ったことないわけだが・・・)

 

 

 ●小樽運河の夜

 

 この日は1日中天気に恵まれてました。

 そんなわけで冬の小樽運河も快晴の元で撮影出来ました。

 それにしても札幌、小樽は外国人観光客多いですね。

 特に台湾、韓国からの旅行者はよく見かけます。

 ここ小樽運河にも韓国人や台湾人のツアーの一団が来てました。

 

 

 ●大雪原in札幌市内

 

 こちらも先ほどのキロロと負けず劣らずの広大な雪原ですが

 ここは札幌市内

 しかも札幌駅のすぐ近く、という札幌都心部です。

 実はここ、北海道大学内の農場

 夏に見ても相当な広さですが、冬だと一面真っ白なんで

 その広さが余計に際立って見えます。

 

 

 ●冬のモデルバーン

 

 2年前の北海道の旅でも登場した場所。

 北大観光では定番の場所なので行ってきました。

 冬に来るとまた違った印象を受けます。

 もともと日本離れした不思議な空間なのですが

 冬に来るとまるで異世界にでも迷い込んだかのような空気です。

 

 まぁ・・・この直後、目も開けられないほどの猛吹雪になって

 文字通り異世界になってしまいましたが・・・

 これが北海道の怖いところです。。。

 

 

 ●札幌ラーメン

 

 続いては北海道グルメ。定番グルメ第一弾。札幌ラーメンです。

 管理人一押しのお店、芳蘭です。→場所

 良くも悪くも伝統的な札幌ラーメン。

 その頑固さが素敵。内地の人にも割と好評。

 札幌滞在時には是非。

 

 

 ●海鮮丼

 

 定番グルメ第二弾、海鮮丼です。

 札幌都心の市場、二条市場の一角に有るお店です。

 写真の丼はいくら丼(上)。

 ご飯が見えないほどたっぷりのいくらを乗せても

 お値段1,700円とリーズナブル。

 もちろん本州の回転寿司で廻ってるインチキないくらとは訳が違いますよ。

 

 

 ●話題の花畑牧場 

 

 札幌駅地下の花畑牧場直営店の惨状。

 生キャラメル1つ買うのに30分、1時間待たされます・・・

 これでも本日第二回目の販売で人が少ないほうというのだから恐ろしい。

 噂では花畑牧場の年商は8億円だとか。

 

 

 ●ここは・・・日本だよな。

 

 !!!!!

 

 

 それでは。

 


◆03/05 無事です

 無事帰京してます・・・

 管理人@世田谷区です。

 

 帰京はしてます。

 

 ・・・

 

 

 はい、もう分かりますよね。

 もう常連さんにとっては恒例ですが最近忙しすぎ。

 スキー旅行で数日席空けたらもうこの様だよ。

 

 というわけで通常更新に戻るまでもうしばらくお待ち下さい。

 多分明日か明後日には北海道の

 美しい風景をお楽しみいただけるかと思います。

 なお今日のジンバブエは更新再開してます。

 

 仕事に戻ります。

 それでは。

 


Copyright (c) 2009 Tohoku Revenge. All Rights Reserved